医科学委員会実施のレース分析について

医科学委員会より、レース分析についての資料です。
ご活用ください。

今回は三重県水泳連盟医科学委員会が実施している「レース分析」について紹介します。

みなさんはレースに出る時、ライバル(または、ベストタイム時の自分)との勝負を意識した経験はないでしょうか? ライバルを意識する時、おそらく一番気になることが、直接勝敗を決定する“タイム(記録)”であると思います。しかし、そのタイムの差がレース中のどの場面で、どの程度差が出来たのか意識したことはありますか?

レース分析では、どの選手がどの場面でどれくらいの速さで泳いだか、一かきでどれくらい進んだか、などの情報を数字で見てわかるようにする作業をしており、(公財)日本水泳連盟では、日本選手権やJO、全中、インターハイなどの全国規模の大会でレース分析を行っています。

そして、三重県でも、三重県水泳連盟医科学委員会の委員が日本水泳連盟と同水準のレース分析を実施しています。

これらの情報を活用することで、ライバルとはどの局面でどれくらいの差が生じているのか?などの情報を入手できたり、今後の練習計画の参考とすることも可能になってきます。

ファイル名
レース分析について知ろう!(269KB)

ページのトップへ arrow_03